ハーレースポーツスターの原型は1956KHK

スポーツスター

ハーレー 1956KHK

スポーツスターの原型と言われているのがハーレーの1956KHK

現代のバイクとは違った佇まいがあります。

 


 
 
1956 Harley-Davidson KHK data
Engine: 883cc  馬力52hp
Top speed: 105マイル

Transmission: 4-speed, chain final drive
Electrics: 6v, coil and breaker points ignition
Frame Dual downtube cradle frame
Suspension: Telescopic fork front, dual shocks w/adjustable preload rear

Tires: 3.5 x 18in front and rear
Weight 200kg
Seat height: 813mm

 
当時のプライスは1,003ドル 
今、手に入れるとなると 6,000~18,000ドルが必要になります。
 
資料及び画像motorcycleclassics
 

1950年代年の日本のバイク

1950年代の日本のバイクに目を向けてみると
ライラック LB/LC (1951/1952) (150cc)
丸正初の量産車となったLBはMLベースに、念願のOHVヘッドを得て、2速マニュアルミッションと組み合わされました。LBに次ぐLCには、2速オートマチックミッションが採用されていました。


 

1950年代のライダー

1950年代のアメリカのライダー

画像 bike-news.jp
 
1950年代の日本のライダー

画像 及び資料 twitter.com
この写真の人物はアライの創始者です。新しいものを創造することを愛し、そしてヘルメットなどない戦前からバイクを愛するライダーでした。1950年代初頭に自らの頭の保護のために、日本で初のオートバイ用ヘルメットを製作。今日のヘルメットの基礎の確立という、素晴らしい功績を残しています。
 

 

1950年代のファッション

1950年代は違法なドラッグレース、シカゴブルースのクラブ、エディコクランや若いエルビスプレスリーのようなロックンローラー、そして不滅のストリートギャングが徘徊した時代です。
1950年代のアメリカのファッションは?

画像 pinterest.jp
 
1950年代の日本のファッションは?

画像 日本のファッション

 
 
◇編集後記◇
付録☆オススメの大判焼き!
平塚に行った時に立ち寄るようにしているのが平塚市平塚にあるエンゼルさん。
年配のおじさんが一生懸命焼いてくれています。
お店が信号の交差点の所に位置しているので、時々留まれないこともあります。


ここの大判焼きの皮の香ばしさと餡の味つけとその量の多さは他では味わうことが出来ません。

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました